自律神経をしっかり整え自律神経失調症を治療しよう

男性

女性の熟年期を生き生きと

薬膳

ホルモンバランスを補う

女性にとって、更年期障害は誰にでもやってくる問題点です。閉経を境としたホルモンバランスが崩れることで、様々な体の不調が起こります。この更年期障害については、長いこと医学の世界でも研究が進むことはありませんでした。最近になって、ようやく更年期外来なる診療科もお目見えしました。中高年の女性の健康に向き合おうという空気が流れてきました。積極的に治療の対象となったことで、投薬治療や心理療法も盛んになってきました。そして、その中でも人気を集めている療法が漢方の処方です。漢方薬は、静養医学の薬に比べて、効き目が穏やかですが、副作用が少なく、より多くの人に用いることができます。また、漢方によっては、落ち込んだ気持ちを救ってくれる物も多く存在します。

病気でなく人を診る

漢方療法の主体となる考え方は、病気を治療するというよりも、人一人ひとりを詳しく観察した上で、その人に合った投薬を行うことです。同じ症状のひとがいたら、西洋医学では、同じ薬が処方されますが、漢方療法では、個人個人のコンディションを重視して、それに合った薬を処方することになります。更年期障害の症状に漢方薬がよく効くというのは、この辺の処置が成功していると言えます。ホルモンバランスが崩れたと言っても、人によってその状態は様々です。症状でなく、人に合った薬を出すことで、体の状態も心の状態も大きく改善できるのです。更年期外来の診療科では、漢方薬を含む薬を処方することが増えているそうです。この傾向は、今後も続きそうです。