自律神経をしっかり整え自律神経失調症を治療しよう

男性

自律神経失調と東洋医学

薬膳

自律神経失調と東洋医学

自律神経失調と東洋医学について。自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで起こります。主にストレスが原因で起こると言われており、その治療方法は薬物療法、精神療法、鍼灸・整体療法、など様々なものがあります。その1つに漢方療法があります。漢方療法は東洋医学の1つですが、東洋医学は元々自律神経失調症のような、目に見えない病に絶大な効果を発揮することで知られます。漢方の効果は科学的に証明できていない部分が多く、その全容は謎に包まれています。生薬の成分が数グラム増減しただけで、全く別の効果を発揮する薬へと変貌する、それが漢方の力です。何れにしても、漢方は自律神経失調症の治療に高い効果を発揮します。

副交感神経を刺激する

漢方はセロトニンの分泌を促して副交感神経の働きを高めます。そうして自律神経のバランスを整える効果があるのです。漢方の場合は、薬物治療のように副作用がない点で、安心して服用できます。ただし、薬のような即効性はなく、比較的長期の服用が必要とされます。鍼灸治療も漢方と同様で、様々な病気の予防や改善に効果があります。東洋医学と西洋医学は、お互いの欠点を補いあうことで、相乗効果を発揮すると言います。自律神経失調症の治療も同様で、東洋医学と西洋医学をバランスよく組み合わせて、効果的な治療をすることで回復が早まります。そうして正しい治療方法と生活習慣を身につけて、新たな生活習慣病の予防をしていくことが大切なのです。